· 

うつと脳疲労と腸疲労

 

GW明け、退職代行が大忙しだってニュースを見ました。

 

気持ちは分かるな。

 

みんながみんな、自分のやりたい事を仕事に出来る訳じゃないよね。

 

入社してから、希望の部署に配属して貰えない、聞いてた話と違う!なんて事は、昔からあった事。

 

でも、昭和の時代には【我慢が美徳】のように語られ、転職は余程の特殊な事情でも無い限り「根性無し!」の烙印を押されるような世の中でした。

 

そう昭和の時代を思い返せば、今は転職もしやすい世の中にはなったと思います。

 

 

とは言え、やはり人それぞれ事情はある訳で、退職したくても出来ない人や転職したくても出来ない方もいるでしょう。

 

そうなると、我慢する日々が続く訳です。



 

人間の感覚と言うのは不思議なモノで、感情を押し殺し、我慢に我慢を重ねていると・・・

 

感情の振れ幅が無くなったり、何かを感じる事に鈍くなってしまいます。

 

 

これは、無意識の自己防衛だと思いますけどね。

 

 

 

 

 

 

そうしている内にね、今度は体に様々な不調が出てきます。

 

・寝付きが悪くなる、中途覚醒などの睡眠障害

・何時間寝てもスッキリしない、過眠障害

・便秘または下痢を繰り返す

・むくみ

 

この辺りが、うつ傾向にある方やうつの治療中の方から聞いた、体に出てくる不調の代表格ですね。

 

 

 

どれも、最初の内は「今日、ちょっと疲れてるのかな?」ぐらいの感覚で、取り立ててすぐに病院へ行くとか、治療を考えるような事でも無いと思うんです。

 

 

でも、体に何らかの症状が出る時は、気付かないフリをしているアナタへアナタの脳からの訴えなんです。

 

「アナタの心は疲弊してますよ」「アナタの体は悲鳴をあげていますよ」

 

だから、これも無視して過ごしてしまうと・・・

 

 

本格的なうつの治療へ進まなくてはいけなくなる。

 

 

 

ワタシは、常々【一番疲れているのは脳】だと思っているのですが、それと同時に【腸も疲れている】

 

脳疲労と腸疲労は、必ず連動しています。

 

どちらかが疲れてくると、必ずもう片方にも何らかの症状が出てきます。

 

 



体からのサイン、脳からのサインを見逃さないようにしてくださいね。